釧路にて 湖畔巡り ご飯巡りww


今回も、S女史のご案内で、釧路にお邪魔いたしました。
朝一の便で羽田から
羽田では釧路空港が霧という話で着陸は?
という情報がありましたが無事に到着、
しかも物凄い快晴になっておりました。
釧路は「霧の街」とも言われます
太平洋上を北上する暖かく湿った空気が
北海道沿岸で急激に冷やされることで濃い霧が発生するわけで。
雨雲かと思うぐらい暗くなっても雨は降らない・・・
霧なんですね・・。
S女史に、空港までお迎えに来て頂き・・・阿寒湖畔方面に
まずは湖畔の「Pan de Pan」でコーヒーブレイク、
鮭トバパンなど食べてから阿寒湖畔に
湖開きの前なので遊覧船もいないし、
そもそも湖面は氷結してます。

Img_4898
アイヌコタンも閑散期、ひっそりと。
「ポンチセ(小さな家)」中はアイヌ生活記念館であったようですが
やっていなかったのか、見落としたのか。
シアターもGWのための準備中。

Img_4888
Img_4891
Img_4893

その後は、網走へ。
網走駅を見たら、昔来た時と
ほとんど外観が変わらない駅舎が懐かしかった。
釧網本線でそばの北浜駅内にレストランがあるというので訪問
その名も「停車場」
オムライスが有名というところを私は停車場ランチをチョイス。
肉汁がジワッっと、つなぎも少なめで美味しいハンバーグでした

Img_4914
Img_4921

ここは、いわゆるエキナカですな・・ww
本土ならJRが営業するんですが、
ここは個人経営っぽいのが不思議な感じがしました。
駅のホームの向こうはオホーツク海、
厳寒のうねりを想像しますがこの日は静かでした。
Img_4928

復路は川湯温泉経由。


硫黄山、ここは川湯温泉そばなので箱根の大涌谷っぽい、
当然ながら温泉卵も売っていました。
霧のならぬ「氷結の」摩周湖を見て、
晴れた摩周湖を見ると晩婚とかいいますが
これでは、まさしく・・今後の婚活は「凍結」という感じさえします(笑)

Img_4934
夜は、沖縄でご一緒であった友人のY女史のご主人と4名で
炉端「煉瓦」に・・・ここは有名店、釧路に行ったら行きたかった店でした。

Img_4940
いろいろと、焼いて・・・・・
それから、バーに行って、更に一人で仕上げはラーメン(笑)
Img_4941
翌日は六花亭春採店でプランをゆっくり練りつつ、厚岸方面に!
春採湖に霧がかかって綺麗です、心霊スポットという噂もありますが・・・。
厚岸といえば「牡蠣」
道の駅「厚岸グルメパーク」内の
厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」にて

Img_4945
Img_4947
Img_4949
Img_4952
Img_4954
Img_4955

もちろん、焼き牡蠣、それにニシン、
ご当地名物、タラの一種の氷下魚(コマイ)、ハラスなど
今年は、福岡糸島の牡蠣小屋に行かなかったので、
焼き牡蠣遭遇は思ってもみないこと。
その後は、肉系など焼いたり・・・美味しく戴きました。
帰路は霧がかなり出ました

その後は、釧路市内に戻りフュージョン、ジャズダイニング
「ホットソース」で軽く一杯。
この店は店内も綺麗で落ち着きます、次回も行きたい。
夏場は羅臼、根室も良いです、というお話もあって、
雪解け後に行きたい観光地をアドバイス頂きました。
またグルメでも、有名な釧路ラーメンの老舗などで
未踏の場所もありますので、
更に釧路には再訪の予感ありで御座います。
帰りは、空港までお送りただき、今回もお陰様で楽しい釧路旅行でした、
食べて喋って、あっという間の2日間。
ご案内頂き、しかも運転までして頂き、ありがとうございました。
お土産はいくつか買いましたが
ペットボトルで、しかもカップ付きの芋焼酎
飲んだら泡盛を入れて現代版「抱瓶」にしようかと目論み購入ww
そして、如何にも私が好きそうなネーミングで「鮭トバ一郎」

Img_4968
次回は雪がないので運転は私がしたいと思っておりますww
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中